toggle
2017-10-12

こども広告学校@麹町番長小学校 開催されました☆

毎年恒例になっている

TCC(東京コピーライターズクラブ)のイベント

こども広告学校が、10/12に、開催されました。

わたしは実践編、コピーの書き方についてで、

すこしレクチャーさせていただきました。

写真はコピーの名作クイズ。(なんのコピーかを当てるもの)

中には1987年のポリンキーのCMを歌える子もいて衝撃。生まれてすらない・・。

その後、班ごとにわかれて、コピーの制作。学芸会のコピーを考えました。

現役のコピーライターさんが班のサポートについて、

みんな楽しんで書けていたみたいでした。

制作物は、麹町の駅貼りポスターになり、実際に掲出されます。

小学校でこの経験。ほんと贅沢な企画だなあ。

**追記

教室に移ってからは、わたしも班について
子どもたちがコピーを考えるのをサポートします。
何を言うか、子どもたちからアイデアが出たら、テーマを決めて。
とにかくルールは、相手を否定しないこと。「それ、いいね!」です。
「みんなでつくるWS」ですので、みんなに考えてもらう。それを、
ひとりひとりが活躍できるように、促していく。
コピーライティングって、ひとりで書いていく、わりと孤独な作業ですが、
それだと活躍できない子がどうしてもでちゃいますので。

加わった、ぼくもやった!って実感があると、
目がキラキラしてきて、子どもたちはさらにがんばる。

プレゼンもしぜんと、よくなる。

広告ってチームだなあとシミジミ思うのです。
自分は、ガソリンを注ぐ係なのですが、

そして、させてもらっていることは、

まさにクリエイティブディレクションそのものだなあとも思う。

育てながら育てられるって、いいますが。

わたしも、教えながら教わってるのですよね。

来年もやりますよ☆

IMG_6424 IMG_6432