toggle

「秋のこころ」作詞


「秋のこころ」曲うた:村上ゆき 詞:坂本和加

1.

もしも世界が 秋をなくしたら
ひとはこころを なくすだろう
愁う気持ちは 愛のうたになり
美しい画を ことばを紡ぐ

何かを感じ 何かを想い
ここにいるから 見つけてと ひとは咲く
空は 高く 遠く 澄んで
秋はその花を 静かに 抱きしめる

街路樹が赤や黄金色にかわって
秋の風が 木の葉の 手を引いて
いまここにいない あなたを想う
ねえ きれいだよと あなたを想う

2.

もしも君が 心をなくしたら
言葉を灯せば 思い出せる
愁う気持ちは 愛のうたのなか
秋に生まれた 輝くものに

とどまるものは 何ひとつないのに
いつまでも忘れられずに ひとは泣く
空は高く 遠く 澄んで
秋は その頬を 静かに 照らし出す

街路樹が赤や黄金色にかわって
秋の風が 木の葉の 手を引いて
もうここにいない あなたを想う
ねえ きれいだよと あなたを想う