toggle
2019-04-04

リネアストリア(ウィッグメーカー)タグライン・ステートメント

事業拡大とファンづくりのためのブランドタグライン

ウィッグというマーケットでまったくの新規から、斬新な提案とプレゼンスで業績を伸ばしてきたリネアストリア。これから増えていく「仲間」と「ウイッグを楽しむ人」を増やすために、明確な言葉をもちたいということでした。

主に経営者と対話を重ね、起業時の想いや、社会に対してこれから先どうありたいか、などさまざまな議論を交わしタグラインとステートメントが生まれていきました。英韓に翻訳もされており、リネアストリアが長くたいせつに使い続けていく言葉としてHPに掲げれています。

がんなどの医療目的、生まれたときからの疾患、単なるファッションとして。ウイッグ愛好者といっても、ほんとうにいろんなケースがありとてもセンシティブだけどそれぞれに届くようなコピーワークが必要でした。